和  名 オオイヌタデ
別  名  
科  名 タデ科
family name Polygonaceae
学  名 Persicaria lapathifolia (L.) S.F.Gray
休眠型 春生1年生
dormancy form summer annual
繁殖器官 種子
reproductive organ seed
note 春〜夏に発生、夏から秋に開花結実する。開花期は長い。種子生産量は株当り1,000〜20,000個。千粒重は1.7g程度。種子には強い休眠があり、越冬後の春先には醒めている。平均気温が7〜10℃くらいになると発生をはじめ、10〜15℃くらいで盛んになる。発芽温度は10〜30℃くらい。発生深度は1〜3cmくらいだが、5〜6cmでも可能。種子の寿命は4〜5年。土中種子は4年半後で30〜50%が生存の例あり。茎の刈取り後の再生力は弱い。幼植物の葉には白い綿毛が密生する。葉の側脈は20〜30対で、明瞭。托葉の縁の毛はない(たまにわずかにある)。タデ類の中では大型。低温でも生育は旺盛で、作物の上に出る。根は直根。種子は凹レンズ型。
類似種との見分け方 サナエタデとの区別は困難だが、道内の畑地でサナエタデをみることはまずない。

タデ類の見分け方ページへ

タデ類の見分け方