和  名 イヌカミツレ
別  名 イヌカミルレ
科  名 キク科
family name Compositae
学  名 Matricaria inodora L.
休眠型 春生1年生、越冬1年生
dormancy form summer annual、winter annual
繁殖器官 種子
reproductive organ seed
note 秋まき小麦畑では、小麦の出芽と前後して発生する。ロゼットで越冬する。一部は春になってから発生する。小麦の出穂期頃から開花し、収穫期には結実している。収穫作業時に種子が畑に散布される。直後の種子はよく発芽し、秋耕前には多くが出芽する。秋耕時には幼植物や未発芽の種子は埋め込まれるが、土中にあった多くの種子が地上近くに戻り、発生する。この発生を防ぐことが重要。種子生産量は株当り10,000〜200,000個。発芽温度は最高35℃、最適20℃、最低2〜5℃。土中種子の寿命は5〜20年。発生深度は1cm以内で、2cmより深いところからの発生は困難。
類似種との見分け方 カミツレモドキと類似しているが、植物分類上は属ちがい。幼植物は同属のコシカギクと似ている。
カミツレモドキとの見分け方ページへ

以下、秋まき小麦播種後の様子

以下、越冬後


小麦越冬後にも出芽する個体あり。


越冬後、起生前期


越冬後、起生期

以下、秋まき小麦収穫後の様子


前はスカシタゴボウ